わたしの心のものさしで

愛猫ナナに首ったけ♪~7歳のナナに振り回される楽しい毎日です♪♪その他、身辺雑記、季節のお花の写真なんかも~♪

九条が守ってきたもの

つい先日まで、「アメリカって国は、どうしてあんなに戦争好きなんだ?」と思っていた。

だけど先日、ある本を読んでいて、頭をガツンと殴られた気がした。
その本は、立花隆さんの『滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか』(2006年)。

以下、転載させていただく。

私は憲法第九条は、この六十年間(正確にいうと、六十年にちょっと欠けるが)の日本の最大の国益の守り手であったと思っている。

憲法第九条のおかげで日本が得たものは沢山あるが、なかんずく、六十年間、日本が戦争によって、同胞の血を一滴も流さないですんできたことが何よりも誇らしいことだと思う。このようなことは、日本の近代史においていまだかつてなかったことである。一九四五年以前は、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、シベリア出兵、山東出兵、満州事変、日中戦争と、日本は戦争をやり続けてきた。そして、世界でも有数の好戦国家と思われてきた。


*****

え?日本はこんなに戦争をしてきて、「世界でも有数の好戦国家」と思われていたの・・・

歴史に弱い私の頭の中では、「日本の戦争=第二次世界大戦?」くらいの、いいかげんなイメージがある。(「軍国日本」という言葉もそういうイメージの中にある。)
それでちょっと、ここに挙げられている戦争をいつ日本が行ったのかだけ、確認してみることにする。

1894~95(明治27~28) 日清戦争
1904~05(明治37~38) 日露戦争
1914~18(大正 3~ 7) 第一次世界大戦
1918~22(大正 7~11) シベリア出兵
1927~28(昭和 2~ 3) 山東出兵
1931~33(昭和 4~ 6) 満州事変
1931~45(昭和 4~20) 日中戦争

この期間(1894~1945)の51年間だけ見てみると、ひっきりなしに戦争をしてきたんだね、日本は。

そして、立花さんはこう続けている。

日本はこの六十年間、同胞の血を流さなかっただけでなく、日本国の名において他国の国民を一人も殺さないできた。世界の主要国で、そのような実績(誰も殺さず誰も殺されない不戦国家であり続けたこと)ができた国は、日本の他にはない。憲法第九条があったが故に、日本は名実ともに平和国家の名にふさわしい実績を持つ国になりえたのである。

*****

私達が、過去に戦争をし続けた時代のことを知ったうえで、戦後60年の平和な時代を考えるとき、「なぜこんな平和が?」という疑問が浮かんでこない?
やはり立花さんの言うように、憲法第9条のおかげなくしては考えられないのではないの?

立花さんは別の箇所でこうも書いている。

国家百年の計を考えるときには、当然のことながら、その前提として、百年のタイムスケールで過去の歴史を見すえることが必要になってくる。

*****

ごく最近のことや、目先のことだけに気を取られて、改憲を語るのはよそうよ。

護憲派の私も、もう少し歴史を学んでみるからさ。





スポンサーサイト
  1. 2007/03/14(水) 01:26:15|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<あせび | ホーム | イヌノフグリ?>>

コメント

はじめまして「救える命」のカヲルです。
憲法9条が平和の日本なんですね。
私は戦争を知りません。
「なぜこんな平和が?」という疑問・・・・
今まで気にもしませんでした。
立花隆さんの『滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか』
拝見しますね^^

  1. 2007/03/14(水) 18:00:53 |
  2. URL |
  3. カヲル #-
  4. [ 編集 ]

カヲルさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
私も戦争を知りません。
だから、「(日本はこんなに平和な国なのに)、
どうしてアメリカはあんなに戦争好きなのだろう?」
なんて思っていたに違いないのです。
立花隆さんの本、私はまだ読んでいる途中です。
興味のある部分は、しっかり読みたいと思っています。


  1. 2007/03/14(水) 18:27:51 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

ひろこさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます。

最近ちょっとだけブログを路線変更して、
「楽しく」を増やしてみたつもりだったのですが、
お楽しみいただけてたら何よりです。

ひろこさんのブログへおじゃましてみました。
かわゆいブログが出来上がりそうですね。
楽しみにしてます。
  1. 2007/03/14(水) 20:17:59 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

久しぶりです。

いや、最近はPCする時間が限られてまして中々コメントできませんでした。
昔の日本は戦争で勝つ=勝利の功績と利益(金・領土、その他)を
得てこようとしてましたからね。

60年間、日本は戦争を起こさなかった(不審船事件を除けば)。
他国民を戦闘で殺さなかったのは素晴らしいと思います。

ですが憲法9条の内容とは「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」
もし、この通りに国が動いているならば、自衛隊は無いハズであり、
国を守るための力が無い、と言うことになります。

国を守る力無くても周りが穏やかならいいのですが
例えば韓国のとある授業の話ですがこんなやり取りがあったそうで、
随分前に問題になりました。
――――――――――――――――――――――――――――
教師「日本の子供達が正しい歴史を学べるようにするには、どうすればいいですか?」
生徒「日本に攻め込んで、同じ目にあわせればいいと思います」
教師「日本に攻め込むと、我々も被害を受けてしまいますよ」
――――――――――――――――――――――――――――
日本は憲法9条があるから戦争はしない。
しかし、相手は日本の憲法9条の事なんてなんとも思ってはいません。
ある意味、日本が戦争をしないのは一種のマナーだと思います。
もともと自衛隊は侵略戦争をするために創設された組織ではありません。
(そもそも軍隊の創設目的はほぼ自衛権です)

だからと言って憲法9条がいらない、という事ではありません。
そういえば、日本は有事という名では戦闘行為ができる事は
知ってますか?(誤解を呼びたくないのですけれど)
  1. 2007/03/15(木) 15:37:23 |
  2. URL |
  3. アガー #OAsQN8n2
  4. [ 編集 ]

アガーさんへ

こちらこそ最近コメントしてなくて、ご無沙汰してました。

>教師「日本の子供達が正しい歴史を学べるようにするには、どうすればいいですか?」

ちょうど記事で引用した立花さんの本で、コイズミさんの靖国参拝について書いた部分を読んだところでした。

中国の反日感情について、反日運動の歴史を説明しながら書いてあったのだけれど、こういう歴史があったんだなと初めて知りました。
朝鮮(今の韓国と北朝鮮)との歴史も同じくらい知っておきたいな、と思いました。

立花さんが言うには、

>>現代史を多少は知っている若者でも、あの戦争の時代に関して知っているほとんどのことは、アメリカとの戦争に関してであって、中国との戦争に関しては、知らない人のほうが圧倒的に多い。
歴史認識に欠陥があるのは、小泉首相だけではない。日本人ほとんどすべてがそうなのだ

*****

最近では、大学入試の世界史や日本史は、近現代史にかなり重点がおかれているとか聞きました。でも、大学入試で世界史、日本史を受ける人ってどれくらいいるんだろう?
私は、小・中学校で、日本の明治以降の歴史はしっかり教えておくべきだと思うんだけど・・・


>そういえば、日本は有事という名では戦闘行為ができる事は
>知ってますか?(誤解を呼びたくないのですけれど)

う~ん???知りません。まだまだ勉強が足りませんね。
でも、本を借りるだけは借りてるのですよ。「防衛」、「国防」、「軍事」という言葉がタイトルに入った本を4冊も。(なかなか取っ付けないのです。)

そのうちの1冊、『防衛ってなに 君は知ってるかな?自衛隊と日本の防衛』って本で調べてみました。2004年の本だからちょっと古くてダメかしら? 

>>平成十五年六月「武力攻撃事態におけるわが国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律」いわゆる有事法制が国会で成立しました。

有事法制とは日本が外国から武力攻撃を受けたときに、自衛隊がこれに応戦し、また一般の国民が互いに協力して自分達の安全を図るための法律制度のことです。

*****

とっても簡単ですけど、まずはここらへんから理解すればいいんでしょうか?
ネットでも調べてみたのですが、説明がむずかしすぎて・・・

  1. 2007/03/15(木) 20:51:22 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

ともちんもちゃんともっと勉強しようっと!!!

はぴねすさんの記事は

ほんとうに色々考えさせられます。。。。。

でも、意味のない殺し合いがないことが

一番ですもんね♪♪

なんか長期的にモノが考えれる人になりたい。。。。。。
  1. 2007/03/15(木) 23:39:23 |
  2. URL |
  3. ともちん♪ #-
  4. [ 編集 ]

ともちんさんへ

私も最近勉強し始めたばかりです。

ずっと政治に興味なかったですから・・・

社会科苦手だったし・・・

私の記事が、読んでくれる人の考えるきっかけになれれば,

それでいいかなと思ってます。

>でも、意味のない殺し合いがないことが

>一番ですもんね♪♪

ホントにそうですよね♪♪

  1. 2007/03/16(金) 06:10:27 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

ずっとずっとせめて日本だけは
戦争と無関係の
平和な国でありますように!!!!
  1. 2007/03/16(金) 22:49:27 |
  2. URL |
  3. ともちん #-
  4. [ 編集 ]

ともちんさんへ

ともちんさんの思いと同感です。
そして実は、記事中で引用した立花さんの文章のうち最初の部分(2箇所)も、立花さんがその思いへ結論を持っていくためのものだったのです。

この文章は、『誰も殺さず誰も殺さない「不戦国家」の誇り』という見出しの中にあります。
そしてこの部分は、引用した最初の2箇所に続いて、次の文章で締めくくられています。

私は、「普通の国」になるために憲法第九条の改正を主張する人々には断固として与しない。日本は憲法第九条を持ったときから、「普通の国」とはちがう生き方を選択したのである。「普通の国」ではない生き方のほうが、「平和を維持しようと努めている国際社会において、名誉ある地位」(憲法全文)をしめることになると考え、そのような生き方を、「国家の名誉にかけ、全力を挙げて」(同前)守ることを誓ったのである。そこにこそ、日本という国家の誇りがある。日本という国家のアイデンティティがある。その第九条を弊履(へいり)のごとく捨てて「普通の国家」にもどることには、日本国にとって何のメリットもない。
*****

いろんな第九条改憲論があるようですが、その中でいわゆる「普通の国」論というのが、かなり幅を利かせているようです。
それは、日本が第九条を改正することによって「普通の国」になることが、日米同盟のためにも、世界のためにも、日本のためにも望ましいというような考えです。
そのような「普通の国」論に対して、立花さんは断固としてNO!と言っているんですね。

(*ついでに調べましたが、「弊履」とは「やぶれたくつ。やぶれたぞうり(草履)。」の意味で、「弊履を棄つるがごとし」とは「惜しげなく棄てて顧みないさまにいう」そうです。)
  1. 2007/03/17(土) 12:05:42 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

はぴねすさん、ありがとう(ToT)/~~~!!!!!

超勉強になりましたYO~~~♪♪
感謝です!!!

またきま~~す(^o^)/凸!!
  1. 2007/03/17(土) 16:33:58 |
  2. URL |
  3. ともちん #-
  4. [ 編集 ]

ともちんさんへ

どういたしましてデス。
私もコメントを書こうと考えていて勉強になりました。

また来てね~~♪♪
  1. 2007/03/17(土) 17:57:02 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

はい、どうもです!
>中国との戦争に関しては、知らない人のほうが圧倒的に多い。
たしかに、確かに多いですね。そもそも最後の方の米との戦い
の方が印象大きいですしね。

後、自分は現在、戦争が終わった、とは考えてはいません。
現状は実は停戦中、という事も今の国民は忘れています。
それもそうでしょう。60年という長い間停戦しているのですから。

>日本は有事(以下省略)
簡単に説明すると。もし、他国との戦闘状態になった場合は有事という
ことで国を守るために戦える、という事です。

来年、一番懸念される事態は北京オリンピックが始まり、それに乗じて台湾(同盟国)の独立が
宣言されると、アジアの地域はヘタすると戦場になります。

憲法9条中国軍の日本の在日米軍基地への攻撃、
自衛隊が出動しなくても、自衛隊基地に対する攻撃(出動しないウチに頭を抑える)可能性が出てきます。
一般人の犠牲者もでますね。
やるとなれば日本は後方支援、機雷除去、対潜哨戒他、海、空哨戒任務。

良いこと(?)はある意味の第二次バブル期の可能性。
朝鮮戦争もバブル期の原因の一つ。

憲法第九条の改正、これについては改正すべき点とすべきでない点があるのですが、
また今度にしますね(笑)
  1. 2007/03/18(日) 23:50:11 |
  2. URL |
  3. アガー #OAsQN8n2
  4. [ 編集 ]

アガーさんへ

こんばんは~!

>来年、一番懸念される事態は北京オリンピックが始まり、それに乗じて台湾(同盟国)の独立が
宣言されると、アジアの地域はヘタすると戦場になります。

お願いだからそんなことになってほしくないものですが・・・
ところで、「台湾(同盟国)」とあるのはどういう意味なのでしょうか?

>憲法第九条の改正、これについては改正すべき点とすべきでない点があるのですが、
また今度にしますね(笑)

「フフフ ( ̄+ー ̄)」というアガーさんの笑いが聞こえてきそうですよ(笑)
きっと長いお話なのだろうとおもいますので、また今度ゆっくりとお聞かせください。
楽しみにしています。


ところでアガーさん、アドバイスがあったらお願いします。

国防について全く知らずに9条護憲を唱えても説得力がないと思うので本を読んでみるのですが、「なんか違う?」という感じで最後まで読み進みません。
最初は、『すぐわかる国防学』林信吾・清谷信一(2006年)。第3章まで読んで挫折しました。
きのうは『国防』石破茂(2005年)を読み始めたのだけれど、なんと第1章の途中にして挫折。
どちらも国防について入門的なことを扱った本のようですが・・・

。。。というわけで、アガーさん、国防についての易しい入門書をご存知でしたら、教えていただけませんか?
できればまず、中立的な立場で書いてあるものを読んでみたいです。
この前アガーさんが記事に載せていらした本を、とも考えましたが、どうも私には難しそうなので・・・
  1. 2007/03/19(月) 01:39:35 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

TB有難うございました。
国防というのは、難しい問題なのだな~と改めて思いました。
そして、其処に付け込まれる隙も出来てくるのでしょうし・・・・・
又、今はそんな差別的なことを言う家庭は殆どなくなっているかと思いますが、私の親の世代では、政策的にそうさせていたのだと思いますが、強烈な朝鮮人蔑視の思想があったのは事実です。(それは私の親に限った事ではなく、それが常識で通るくらいに)
その土地に引越しをして間もなかった或る日、私が朝鮮人のおばさんと、(移って間もなくでも、すぐにその情報は誰かから、伝わっていたようです)道で話をしていたら、そんな事をしたら朝鮮人と間違われるから・・・・と母に窘められたのが印象に残っています。その頃は、社会全体がそんな風潮だったのです。

だから韓国、朝鮮の人に日本人に対する敵意が有るとしても、当然かもしれないと思います。
それを反省しないで、朝鮮人というのは、いやらしい奴らだなどと言っている限り、残念ながら、真の友好は望めないのかもしれないと思います。

昔の人の言葉に「言った事はさらりと水に流し、言われた事は岩にも刻むものなり」というのが有るそうですが、
虐めでも何でも、やった方はそれ程気にかけるでもなく忘れてしまっても、やられた方は、そう簡単に忘れられるものではないのかもしれません。

公正と信義というのは、他にばかり求めていても、かなうものではないでしょうし・・・・・
だからと言って、戦争で片をつければよいと言うものでは、絶対ないと思いまし・・・・・
  1. 2007/05/04(金) 08:08:15 |
  2. URL |
  3. わこ #-
  4. [ 編集 ]

わこさんへ

コメントありがとうございます。

上にコメントをくださっているアガーさんに、「EUみたいに、日本とお隣近所の国ぐにで仲良くできたらいいのにな。」といつか書いたことがあります。
(私はまあ・・・世間知らずで理想主義的な面が強い人間で、それは、弱みとして働くことが多いと思っています。)

で、アガーさんはいろんな事情に通じてらっしゃるから、いろいろと教えてくださいます。

それでもなお私は、いつか、日本、中国、韓国、北朝鮮(+α)が同盟関係を結べれば、お互いの国民感情もよくなるし、軍事的脅威も減っていいのになあ、と思わずにはいられません。

明治以降の歴史をふりかえるとき、日本VS中国・朝鮮では本当にいろいろないきさつがあって、お互いによい感情を持ってこなかった面が大きい。
今でもそれは断ち切れるどころか、増幅している面さえあるみたいです。

それでも、なんとかならないものかなあ・・・と切に願う私なのでした。

  1. 2007/05/04(金) 13:16:56 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meadowsage.blog78.fc2.com/tb.php/104-0f370e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はぴねす

Author:はぴねす
& ナナ(2009年8月16日生まれ) 2歳で慢性腎不全に。療法食と皮下輸液で元気に過ごしています♪                 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ご訪問ありがとう♪♪

今、救える命がある

東北地震犬猫レスキュー.com

犬・猫 里親探し掲示板へ

いつでも里親募集中

あなたの1票を守るために

電子投票

雑談日記のSOBAさんからお借りしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

pictlayer

ブログ内検索

相互リンク&お気に入り

このブログをリンクに追加する

RSSフィード