わたしの心のものさしで

愛猫ナナに首ったけ♪~8歳のナナに振り回される楽しい毎日です♪♪その他、身辺雑記、季節のお花の写真なんかも~♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安倍政権の問題点に気づいてもらおう!コピー募集!!

<「美しい国づくり」とか「戦後レジームからの脱却」とか言って、ムードで世を惑わそうとする安倍首相。それに対抗して、安倍政権の問題点をうまくついたコピーで応酬できないかな?・・・というエントリです。>


コピーとかキャッチフレーズを、というと、小泉氏のマネをするのか?という声が聞こえてきそうなんですが・・・


小泉氏は、普段の会話でも「感動した!」のワンフレーズで感想を済ませたりしていましたが、そのワンフレーズは彼の政治的戦略でもあったといいます。
「痛みをこらえて」、「郵政改革」などのフレーズは、今でも私の記憶に残っています。
一昨年の総選挙の時には、小さな子供が「ユーセー・カイカク」と意味もわからずに喜んで口にするような場面も見られたそうです。

長々と政策を論じるのでなく、ワンフレーズで。
それは、彼以前の政権でも全くなかったわけではないだろうけれど、小泉氏はそれを多用し、成功したようです。


では、安倍首相は?

普段の会話をワンフレーズで、というような小泉流ではないけれど、やっぱり彼流のフレーズで、世論をうまく見方につけてやろう、という意図が感じられます。

「戦後レジームからの脱却」
「美しい国づくり」

なんとなく「雰囲気」重視?これも安倍首相の「ムード」戦略の一つなのでしょうか。
こういったフレーズに対して、これこれこういう理由でおかしい!という指摘はブログでよく見かけるし、なるほど、うまく説明してらっしゃると思います。だから、ネットでそういう文章を読もうという人には、問題点がちゃんとわかっていると思います。

問題は、少し前までの私のような人たちに対して。

私は、小泉氏の「痛みをこらえて」を従順に受け入れた国民の一人でした。だから、医療費が上がろうと、その補助が減ろうと、「今は、国民みんなが痛みをこらえて、日本を建て直さなければいけないんだから、がまんしなきゃ。」と自分に言い聞かせていたのです。

もし今、私がその頃と同じように、政治に興味を持つこともない「従順な」国民だったら・・・
「美しい国づくり」とか「戦後レジームからの脱却」とか繰り返し繰り返し聞かされているうちに、そのフレーズが自然に心に刷り込まれていくような、「素直な」心の持ち主だったら?

そういう人たちには、どうやって安倍政権の問題点に気づいてもらえばいいのでしょうか?
”「戦後レジームからの脱却」なんてまやかしだ!”と、安倍フレーズのマジックをわかりやすく説明するブログに出会う機会のない人には、どういう方法で呼びかけたらいいのでしょうか?


その答えのヒントを求めて、以前読んだ本 『面々授受 市民久野収の生き方』(佐高信著)を読み直してみました。
思索家・市民運動家であり、1999年に亡くなられた久野収氏について、この本の中にはこう書かれています。

広告にはコピーやキャッチフレーズが欠かせないが、市民運動におけるそれも久野は重視した。

久野がよく話したのが、警察官職務執行法改正案、いわゆる警職法に対する反対運動の時の「デートもできない警職法」である。

これは学習院で久野に学び、『図書新聞』に入った大輪盛登がつくったものだった。人々を引きまわすのではなく、一言の下にその問題の本質をえぐって、運動の列に加わらせるキャッチフレーズの必要性を久野は繰り返し語った。


*****

「警職法」っていったいなに?・・・なにも知らなくても、「デートもできない」と言われれば、「それってヤバイんじゃない?」と気づいてもらえます。

人々を引きまわすのではなく、一言の下にその問題の本質をえぐって、運動の列に加わらせるキャッチフレーズ」・・・
安倍政権に対して、あるいは個々の法案に対してでもいい。そういううまいキャッチフレーズが作れないものかな。
<ここでの「運動に加わってもらうこと」とは、「今度の参院選へ行ってもらう」&「打倒安倍政権を目指して投票してもらう」ことかな?>
そういうキャッチフレーズを、例えばバナーにして貼ることができたら・・・

それなら、政治ブログの「文章」までは読む気にならない人たちにも、なんとか訴えることができるかもしれない。気づいてもらえるかもしれない。
たとえ、ネットの上だけであっても。


そんなことを思って数日過ごしていたのですが、私の頭でそんなに簡単に、うまいキャッチフレーズが作れるはずがありません(><)ウッー


そこで、皆さんにお願いです。
なにか、そういうコピー、考えてもらえないでしょうか?
すでに、ブロガーの方たちは、いいコピーを考えて自分でお使いかもしれません。「使ってもいいよ」ということであればぜひ、お知らせください。

ただ・・・はぴねす、いいコピーをいただいても、それをもとにバナーを作ったりするワザは、今のところ持ち合わせてないのですが・・・それ以前に、はぴねすだけでは、どういうコピーがいいのか選べないかもしれないのですが・・・

それについては今から考えるとして、とりあえず、いいコピーがあったら、コメント欄に送って下さいませんか?
<あとさき考えず、動き出すはぴねす!( ̄∇ ̄ ;)>


参院選公示日まで、あと2ヶ月を切りました。時間がありません。
どうか、よろしくお願いしますm(_ _)m





スポンサーサイト
  1. 2007/05/09(水) 03:56:34|
  2. 政治
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:8
<<五月の庭から・・・(2) バイカウツギ? | ホーム | 五月の庭から・・・この花な~に?>>

コメント

いいアイデアだと思います

こんにちははぴねすさん。TBありがとうございました。

別のブログのコメント欄で使ったネタの焼き直しですが
「世襲政治家の、世襲政治家による、世襲政治家のための政治を人民の、人民による、人民のための政治にレジームチェンジ!」とか...。長いですか。笑

「一家団欒もできないホワイトカラーエグゼンプション」っていうのは?

このアイデア、なんとか広めて、多くのブロガーにギャグ感覚で考えてもらえればいいと思うのですが...。
いろいろな人にいろいろなものを考えてもらいたいです。
  1. 2007/05/09(水) 22:22:53 |
  2. URL |
  3. 村野瀬玲奈 #6fyJxoAE
  4. [ 編集 ]

村野瀬さんへ

さっそくアイデア、ありがとうございます。

私は政治のむずかしいことはわからないんだけど、できることはないかな?と、こんなことを考えてみました。

多分、アンチ安倍っちの立場で書いてらっしゃるブロガーの方たちは、タイトルや記事本文を考える中で、すでに素敵なコピーの種を育ててらっしゃるはず。
そんなアイディアをいただければな、と思いました。

言い出しっぺは自分でも考えなくっちゃいけないだろうと、記事を書いた後少し考えてみました。

左上に貼ってる、ぶいっちゃんの「選挙に行こう!」バナーの中で、「投票しないと好き勝手にされますよ」っていうのがあります。その後に、なにかプラスできるとしたら?という設定でとりあえず考えました。

(「投票しないと好き勝手にされますよ」)
          ↓
  「格差見ぬふり 弱者置き去り」 
     ↓
  「戦争のできる国へまっしぐら」
     ↓
  「消費税 大幅アップ!?」

とか考えてみたのですが。

う~ん、どれもオリジナリティーに欠けるなあ・・・ひねりも効いてないし・・・
特に、消費税については、「上げるしかないのかしら?」「どうしても上げる気なのかしら?」と不勉強なものだから、「?」をつけちゃうという自信のなさ。    

やっぱり、皆さんから素敵なコピーが寄せられるのを期待します。
  1. 2007/05/09(水) 23:15:07 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

コメント&TBありがとうございました♪^^

こんばんは。嬉しいコメントでストレスも軽減しました♪^^
とりあえず、昨日のタイトルそのまんまですが・・・
案外わかってないんじゃないかと思うんですが如何でしょうか。^^
何もわかってなくても民主主義が嫌いな日本人は少ないかも?

■「戦後レジームを棄てることは・・・民主主義を棄てること!」

技量不足のため、エントリーのアップだけでアップアップしてます。(爆)^^;
  1. 2007/05/10(木) 00:43:37 |
  2. URL |
  3. ココロ #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ココロさんへ

こんにちは。
新しいエントリーも、興味深く読ませていただきました。
ほとんどのマスコミは報じないのに・・・
こんなにたくさんの、国民を不自由で不利な立場に追いやる法案を、
政府・与党は次々と提出している。
そして、時に強行採決してまで、成立させようとしている。
安倍内閣に、このままこんなことをさせておいてはいけないと、
改めて強く思いました。

「戦後レジームからの脱却」については、ココロさんのエントリーを読むまでは、意味がよくわかっていませんでした。
なんとなく、「→だから、憲法を新しくしましょう!」という雰囲気にさせるための作戦の一環かな~くらいで。

安倍氏の言う「戦後レジーム」って何を指してるの?って聞かれて答えられる国民は少ないんじゃないかと思います
なんとなく良さげな、(でも、はっきりと指すものがわからない)言葉をキャッチコピーに使う内閣っていうのは困りものだと思います。

これからも、わかりやすくてためになるエントリーを楽しみにしていますv-238
  1. 2007/05/10(木) 13:45:51 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

フレーズ考えてみました

1889年旧大日本帝国憲法が発布され1945年太平洋戦争が終結するまでの56年間のあいだに太平洋戦争だけでも約310万人以上の「命」が失われました。それに比べ戦後日本国憲法が施行されてから
60年間、戦争と云う名の基では、ただの一人の「命」も亡くしていません。これは歴史に刻まれた事実です、動かしがたい事実ですよね。憲法九条のおかげで戦争に参加せず、巻き込まれず、「命」を守ったのです。今、平和を呼びかけても、良くも悪くも平和の恩恵に慣れてしまった人々の心には届きにくいのかもしれません。そこで 憲法九条=「命」 と関連させてインパクトをもたせてはどうでしょうか?身近な命に
問題提起して「?」を持ってもらい関心を持って貰う、そこで護憲の論客が現日本国憲法の重要性を説いても良いと思うのです。フレーズは

   憲法九条はあなたの「命」を守ります     
   
   憲法九条を棄てて、「命」も捨てますか

等など、改憲論者からよく突っ込まれる部分を逆に打って出るというのはどうですか?、現実的に見て九条無くして軍隊持ったところで米軍の指揮下に入って最前線で弾よけの盾に使われるのは自明の理ですし、あわよくば核を持とうなんて、日本中に米軍基地があるのにそんなのアメリカが許す分けない、あくまでアメリカのコントロールの基でしか許されない軍事力ですよね。その前に憲法改悪したら日本は活力が無くなり産業が停滞してしまい、「普通以下」の国に成り下がり、悲しいかな今以上に相手にされなくなるでしょう。そしていつか来た道をたどる、、だだっ子の様に一人よがりの恍惚の中で「自滅」への道
まっしぐら‥イヤですね。暴力(武力)は憎しみの連鎖を生み出し、核を生んだ様に、結局は人類の破滅へ向かう。それを止めさすのは、
憲法九条を持った日本ですよ、ここもアピールしたいですよね。



  1. 2007/05/12(土) 07:43:09 |
  2. URL |
  3. ke-ta #-
  4. [ 編集 ]

ke-taさんへ

フレーズお寄せくださって、ありがとうございます。

>憲法九条はあなたの「命」を守ります     
   
>憲法九条を棄てて、「命」も捨てますか

「九条を守ろう」派のはぴねすにはぐっときますね。
憲法九条が60年間守ってきてくれたものの大きさに私が気づいたのは、ごく最近のことでした。
つい2ヶ月前の記事に、ちょっと本で読んだことに驚いて書いてみたら、たくさんのコメントをいただき、ずいぶん考えさせられました。
読まれたかとも思いますが、次の2つの記事、およびコメントです。

「九条が守ってきたもの」(2007.3.14)
http://meadowsage.blog78.fc2.com/blog-entry-104.html

「九条が守ってきたもの:コメントに感謝!!」(2007.3.19)
http://meadowsage.blog78.fc2.com/blog-entry-107.html

<コメント欄でのリンクの貼り方がわからないのだけど、これでいいのかな?>

それで、私が今思っているのは、今の私ごときの知識で「九条護憲」は語れないだろう、ということです。
ke-taさんは、「現実的に見て九条無くして軍隊持った」らと、現実的な先の姿が見えてらっしゃる。私には、そこが見えてない。そこのところが甘いと、改憲論者と議論もできないなと思ってます。

ke-taさんのフレーズ、ありがたくお受け取りしますね。私が九条護憲論をガンガン語れて、議論もできるようになったら、使わせていただくかも、デスv-22
  1. 2007/05/12(土) 18:10:44 |
  2. URL |
  3. はぴねす #2r6DevJE
  4. [ 編集 ]

はぴねすさんへ

御返事のコメントありがとうございます。すいませんです、「議論しましょう」とのはぴねすさんへの要求ではございませんので、その様に読めたら申し訳ありませんでした、私見を長々と書き連ね、謝りますです。それから立花隆先生の本まだ読んでませんでした、早速読みます。かように私もまだまだ不勉強ですので、自分の心のものさしでしっかりと物事を見つめながら、勉強したいと思います。
  1. 2007/05/12(土) 20:54:24 |
  2. URL |
  3. ke-ta #-
  4. [ 編集 ]

ke-taさんへ

こちらこそ、ちゃんとしたお返事が書けず、思いがうまく伝わってなくて、すみませんでした。

私が書きたかったのは、
「私はまだ、九条護憲を論じられるだけの勉強をしていない」ので、
→「今は、九条護憲を表看板にして、例えばバナーを貼ったりはできない」。ゆえに
→「せっかく素敵なフレーズを送っていただいたのに、今は生かせなくて申し訳ない」。

ということだったのです。
<この、第2ステップの内容を書いてなかったから、思いが伝わらなかったのです!!
文章を書くってむずかしい!!!>

お互い、これからも勉強に励みましょうね!!
(と言いつつ、ke-taさんのあとをついていくつもりのはぴねすv-289
  1. 2007/05/12(土) 22:09:50 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meadowsage.blog78.fc2.com/tb.php/137-a48b37d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦後レジームを棄てることは・・・民主主義を棄てること!!!

◆asahi.com 2007年05月08日安倍首相、靖国に供物奉納 中曽根氏以来約20年ぶり・・・らしい。どこまでも二枚舌のいやらしいやり方です。『「靖国参拝」をするかしないかは言わない』・・・なんて、一国の首相の言うこ
  1. 2007/05/09(水) 22:58:04 |
  2. わんばらんす

共闘は普通の人々とともに^^ 【選挙に行こう!国民共闘】

たまには読む前に押す??(笑) 人気ブログランキング ポチっと♪ブログを書き始めて約1年半。よくぞ、こんなに続いたものだ。政治のことを書くようになって約1年。すっかり元の生活に戻れない体にもなりました(笑
  1. 2007/05/10(木) 01:06:19 |
  2. らんきーブログ

安倍内閣・・・「国民への反逆とキャッチコピー」

■戦後レジームかの脱却 / 安倍内閣のキャッチコピーキャッチコピーとは、お笑いの「つかみはOK」のつかみの言葉です。でもね~やっぱりみんながわからない・・「戦後レジームからの脱却」「戦後レジームを棄て
  1. 2007/05/10(木) 17:18:54 |
  2. わんばらんす

プロフィール

はぴねす

Author:はぴねす
& ナナ(2009年8月16日生まれ) 2歳で慢性腎不全に。療法食と皮下輸液で元気に過ごしています♪                 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ご訪問ありがとう♪♪

今、救える命がある

東北地震犬猫レスキュー.com

犬・猫 里親探し掲示板へ

いつでも里親募集中

あなたの1票を守るために

電子投票

雑談日記のSOBAさんからお借りしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

pictlayer

ブログ内検索

相互リンク&お気に入り

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。