わたしの心のものさしで

愛猫ナナに首ったけ♪~7歳のナナに振り回される楽しい毎日です♪♪その他、身辺雑記、季節のお花の写真なんかも~♪

アメリカが環境問題を軽視する理由のひとつは・・・

<今日の記事は、日本の政治には関係ありません。ただ、本を読んでいて、“そんなこともあるのか!?”とびっくりしたので、はぴねすのよくやる「長々無断転載」をやります。興味のある方は、“続きを読む”以下をどうぞ。>

よくコメントをくださるうずらさんに紹介してもらった本を読んでいました。
ビル・トッテン著 『日本は略奪国家アメリカを棄(す)てよ』(2007年、ビジネス社)。
「天木直人のブログ」4月3日に紹介記事があります。<コチラ

私は天木氏が紹介されている話題に驚くよりも、次に転載させていただく部分に仰天して、ちょっと紹介させていただこうかなと思いました。

興味のある方は、どうぞ。


第五章 ■ 地球を破壊し続ける「宗主国」 より

**転載開始***

ハルマゲドンを信じるキリスト教原理主義者

地球温暖化などの環境問題を完全に軽視するブッシュ政権の影には、エネルギー産業など財界の姿が垣間見える。

それ以外にも、ブッシュをはじめアメリカのトップ層が持つ宗教観が、環境問題には色濃く反映されている。(中略)こうした宗教と政治、あるいは環境との問題は、日本人にはなかなかわかりにくい部分かもしれない。



アメリカ人は世俗的で、信仰心が薄い国民だと思っている日本人が多いように思うが、その認識はかなり外れている。

各種の世論調査を見ると、「自分の生活において宗教は非常に大切だ」「宗教が今日の問題すべて、またはほとんどを解決することができる」と答えるアメリカ人は、意外に多い。

アメリカでは、「進化論」にまつわる論争がいまだに続いている。

ダーウィンの唱えた進化論では、生物は原始的な生物から分化して進化したとされる。この考えによると人間も例外ではなく、サルと共通の祖先から分化して進化したことになる。これは現在、科学の常識になっている考え方だが、アメリカの南部では長い間、そうした考えを巡る論争が続いている。それというのも、キリスト教の教えでは、人間をはじめ、すべての生物は神が創ったもの・・・(中略)・・・と規定しているからである。これでは進化論と、全く相容れない。

かように、アメリカ人は宗教的な国民である。アメリカ人の多くは、決して信仰心の薄い国民ではないのだ。宗教心に厚いこと、それ自体を批判するつもりは、毛頭ない。しかし、行きすぎた宗教心は、時として問題を引き起こす。中でもキリスト教原理主義者の考えには、理解に苦しむ面が少なくない。

ブッシュ政権の言動を見ていると、イラクへの侵攻も環境問題への無関心さも、キリスト教原理主義の強い影響を受けていることがわかる。キリスト教原理主義とは、『聖書』を一言一句、字義通りに信奉する考え方だ。

アメリカが環境問題を軽視する理由の一つには、大統領はじめ大勢の政治家や官僚の信仰が理由であるといえば、多くの日本人は驚くだろうか。(中略)

キリスト教原理主義者は人類の終末、つまり「ハルマゲドン」の到来を信じている。ハルマゲドンが来ても、信徒であれば、救世主として再臨するキリストとともに、神の国の建設に参加できることになっている(これを「ラプチャー」と呼ぶ)。そのため、地球が破壊されることは、彼らにとってはよい知らせなのだ。

人類が滅亡しても、地球が破滅しても、キリスト教の信者であれば、キリストとともに神の国の建設に参加できる・・・そう信じるものにとって、環境破壊など、どうして思い悩む必要があるだろうか。聖書によれば、キリスト教徒がユダヤ教の国であるイスラエルを支援するのも当然ということになり、アメリカのイラク侵攻も聖書に書いてあることになる。

二〇〇二年の『タイム/CNN』の世論調査によると、アメリカ人の五九パーセントは聖書の「黙示録」の予言を信じているという。

洪水も飢饉も干ばつも地震も、すでに聖書が予言している。もしそれらが起きたとしても、ラプチャーによって救われる。このことを信じる人たちにとっては、気候変動も石油の枯渇も、心配する必要は微塵もない。だから京都議定書など、彼らにとってはまったく意味をなさないのだ。


原理主義者たちの危険な思想

ブッシュ大統領自身は「ボーン・アゲイン」と呼ばれるキリスト教徒だ。

ボーン・アゲインとは、大人になってからキリスト教に改宗したり、新たに信仰への誓いを行ったりしたキリスト教徒のことで、聖書の教えを絶対とし、一種の狂信的信者として知られる。

ブッシュは神への信仰心を、歴代の大統領にも増して前面に打ち出しているため、キリスト教原理主義者の絶大な支持を受けている。

聖書の「創世記」には「海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地を這うすべてのものを人に支配させよう」と神がいったと書かれている。この考え方が、地球を人の欲望のままにすることを正当化し促進したと、私は考える。そしてこの考え方を、ほとんどすべてのキリスト教徒とユダヤ教徒が信じているのだ。

アメリカでは、二〇〇人以上の国会議員を含む多くの国民が聖書の言葉を信じ、ハルマゲドンを待ち望んでいるそうだ。それは、二〇〇一年九月一一日、ニューヨークの世界貿易センタービルに人間爆弾として突入した行為を思い起こさせる。イスラム教原理主義者も、聖戦で命を差し出せば、死後、天上の楽園に行けるというアッラーの教えを信じているからだ。

ハルマゲドンといえば、日本では一〇年ほど前、その到来を信じていた集団が事件を起こした。集団の名はオウム真理教。教祖の麻原彰晃こと松本智津夫は、自らをキリストにだぶらせ、信者には優秀な若者が集まっていた。その様子は、多くのアメリカ人が聖書の予言を疑いなく信じ、世界が終末を迎えると思い込む姿と重なる。

地球の運命は、キリスト教原理主義者だけで決められるものではない。世界には、仏教徒もイスラム教徒もヒンズー教徒も、その他さまざまな信仰を持つ人、持たない人がいる。

(中略)

人とのつながりでなく、自然や生き物との強い親和と共感の感情を持つことは、ハルマゲドンの到来を待ち望むよりも、人間に幸福をもたらすと私は信じている。地球の運命を原理主義者だけに任せるのは、危険きわまりないことだ。

**転載終了****


ふーむ・・・はぴねすにとっての「宗教」といえば
神様・・・いるかも?
死後の世界・・・あるかも?
宗教は・・・いちおう仏教徒?(仏教的な考え方は、結構好きでもある)、みたいな。

そんなはぴねすにとっては、想像するのがとてもむずかしい世界の話でした。

アメリカで、キリスト教絡みで進化論についてもめてるとか、ブッシュ大統領がイラク戦争に宗教的な思いを込めているっていう話は聞いたことがあったのですけれど。
環境問題への意識にまで宗教観がからんでいて、こんなふうに考えているアメリカ人が多いとは驚きでした。





スポンサーサイト
  1. 2007/05/14(月) 10:04:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<参院選で与党が勝つとどうなるの? | ホーム | ムラサキカタバミくん、おはよう!>>

コメント

宗教って本当に根深いですよね。
ちょっと怖さまで感じます。
大抵の日本人には到底理解できないでしょう。。。。。
ともちんはぺこり教ですが。。。。。。
あと輪廻転生を信じてます♪


  1. 2007/05/14(月) 17:30:29 |
  2. URL |
  3. ともちん #-
  4. [ 編集 ]

ネット以外の人達に勇気をもって呼びかけましょう
私も呼びかけています
あなたは戦争に行きたいのか!?行きたくないのか!?
と呼びかければ、自然に目を覚ますと思いますよ
テレビの嘘の統計にダマされずに、辛抱強く呼びかけましょう
  1. 2007/05/14(月) 19:31:01 |
  2. URL |
  3. うずら #-
  4. [ 編集 ]

ともちんさんへ

>大抵の日本人には到底理解できないでしょう。。。。。

ともちんさんもそう思いました?

ただ、ふと、環境問題だけに絞って考えた場合、
私もひとつの「信仰」を持っているのかも、と思いました。

その「信仰」とは・・・
いずれ人類が石油とか天然ガスとかを使い果たす頃には、
環境にやさしい夢のエネルギーが開発されているに違いない、
という、何の根拠もない「信仰」。

なんか、同じ考えの人がけっこう日本人の中にいそうで、
これもまた怖かったりしますv-22


うずらさんへ

すみません。努力いたします。
実行してらっしゃるうずらさんを尊敬いたします。

今日午前中、母の寝ている部屋に行ったら
国会中継を聞いていました。
昔からそういう人で、多分ずっと「反自民」。
いちばん話しやすい母と、まず今度話をしてみようと思います。

少しずつ、ハードルを上げていくことにしますねv-22
  1. 2007/05/14(月) 21:13:55 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

とってもお久しぶりです


「神を信仰する人達が、利潤を追求して地球を壊し、壊した後、神の国を創る」
物凄くエゴイスティックな理屈で、小学生でも分かるような根本的な間違い・・のように思えてしまいますね~

まったく道理にかなっていません
これでは、ほんとうに、高度化した地球規模のオウム真理教ですね

エゴイスティックな信仰者に破壊された地球で死に絶え、神の国建国への参加も許されない善良な人達は浮かばれませんね~
  1. 2007/05/15(火) 13:29:23 |
  2. URL |
  3. DJ JAKK #SzKGr0/I
  4. [ 編集 ]

うずらさんへ、報告

今日、母と参院選の話をしました。

私「お母さん、今度の参院選には行ってね。」
母「誰に入れるの?」
私「誰って・・・(予想外の反応に面食らう、はぴねす!!)誰でもいいから。」
母「でも、国民投票法案も通っちゃったし・・・」
私「あーだこーだ・ごちゃごちゃ・・・」
母「そうね、歯止めだからね。」

“安倍政権はいやだけど、もう勢いはもう止められまい”と諦め気分で、“私が投票に行ってもしょうがないだろう”と思っていた母の気持ちを変えることに成功したようです。
以上、今日の報告でした。


DJ JAKKさんへ

お久しぶりです~~~

はぴねす、あまり宗教には詳しくないのだけれど、
「この教えに従う者だけが救われる」っていう宗教は結構ありそうですよね~
信徒でない、善良な人たちは救われないの? どうなってもいいの???
やっぱり宗教ってよくわかりません。

なんかこう、あまり強い宗教意識を持たない人が多い日本人にとってはホントに、
まったく道理にかなっていません
としか思えない信仰を持っている人は、世界に結構いるのかもしれませんね~
  1. 2007/05/15(火) 17:49:18 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meadowsage.blog78.fc2.com/tb.php/141-0c3a6df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はぴねす

Author:はぴねす
& ナナ(2009年8月16日生まれ) 2歳で慢性腎不全に。療法食と皮下輸液で元気に過ごしています♪                 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ご訪問ありがとう♪♪

今、救える命がある

東北地震犬猫レスキュー.com

犬・猫 里親探し掲示板へ

いつでも里親募集中

あなたの1票を守るために

電子投票

雑談日記のSOBAさんからお借りしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

pictlayer

ブログ内検索

相互リンク&お気に入り

このブログをリンクに追加する

RSSフィード