わたしの心のものさしで

愛猫ナナに首ったけ♪~7歳のナナに振り回される楽しい毎日です♪♪その他、身辺雑記、季節のお花の写真なんかも~♪

参院選で与党が勝つとどうなるの?(2)            自民党の新憲法草案にそって改憲が進む可能性が・・・

<「自民党憲法草案のキモはここ」という、斎藤美奈子さんの文章を見つけました。自民党・新憲法草案の入門としてわかりやすいと思ったので、後半で全文転載してます。>


国民投票法(=改憲手続き法)、充分な審議が尽くされぬまま、14日に成立しちゃいましたね・・・

安倍首相は、「7月の参院選では自民党の新憲法草案を売り込み、改憲問題を選挙の争点にする構え」(毎日新聞)だそうです。

そういう争点で安倍首相が参院選を闘いたいとしても、
国民は、素直に、「じゃあ、改憲について考えて投票しましょう」・・・でいいの?

私たちには、小泉「郵政」総選挙に対する苦い反省があるはず。
首相は、「国民のため」じゃなく、「選挙に有利と思われる」ことを取り上げて
争点にするだけじゃないの?
私たちが、国民の「今」と「将来」のため、投票する際の手がかりとすべきことはなに?

*****

というひとり言は、今はひとまず横へ置いておくとして。

成立した国民投票法の規定では、改正の発議は、「関連する事項ごとに区分して発議する」個別発議の原則が明記されましたね。
だから、自民党の「新憲法草案」(前文から全部変えた「新憲法」の案です)がまるまるそのまま発議されて国民投票にかけられるっていうことはないと。

だけど、安倍首相が「私の考えを示したもの」とする新憲法草案の内容は、簡単に知っておきたいと思わない?
だって、参院選で与党が勝ったら、安倍首相は「これで、新憲法草案が国民に支持されました!」って言って、この草案に添った形で改憲を押し進めちゃうよ!!


というわけで、斎藤美奈子さんの『たまには時事ネタ』(中央公論新社)のなかにある、
「自民党憲法草案のキモはここ」という文章を転載しますので、読んでみてね♪
(2006年1月に、雑誌に掲載されたものです。)


****以下、全文転載させていただきます****(色文字は byはぴねす)

       自民党憲法草案のキモはここ


昨年の一一月二二日、自民党の「新憲法草案」が結党五〇周年大会で採択された。公明党や民主党に配慮したのか、以前の案に比べると穏当な線に落ち着いたという。

お手並み拝見。しっかり読ませていただきました。おもしろかったわ。個人の尊厳が後退しているし、ごまかしだらけだし。改憲案ではなく新憲法を名乗るだけのことはある。まっすぐ育った木を引き抜いて、ゴテゴテ飾りたてた人工の木を植えるかのよう。ひとまず三点にしぼって検討してみよう。(以下、
【新】は自民党の草案、【現】は現行の日本国憲法)。


①理念なき「主義」だらけの前文

前文は【新】で全面的に書き直された。<日本国民は、自らの意思と決意に基づき、主権者として、ここに新しい憲法を制定する>と書き出され、以下、<象徴天皇制は、これを維持する。また、国民主権と民主主義、自由主義と基本的人権の尊重及び平和主義と国際協調主義の基本原則は、不変の価値として継承する>とつづく。

国民主義、民主主義、自由主義、平和主義、国際協調主義。なんですかこれ。主義がそんなに好きなのか。しかも、ずらりと列挙された「○○主義」の中身については何ひとつ具体的には記されていない。ちなみに【現】の前文の書き出しはこうである。

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する

○○主義なんていう言葉は使わず、くどいほど、こちらは理念を説いている。


②規定が曖昧な九条の「自衛軍

【新】で九条は大きく変わった。第二章のタイトル「戦争の放棄」が「安全保障」に変わり、九条の二(<前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない>など)が削除され、かわりに「自衛軍」の規定が三項目加わった。

自衛軍は、前項の規定による任務を遂行するための活動を行うにつき、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する>等である。

前にも述べたように、私は「自衛軍」の創設にはそもそもが反対だ(238ページ参照)。しかし、もし賛成であったとしても、これではあんまりだと思う。<法律の定めるところにより>とあるだけで、「自衛軍」について憲法自体は何も規定していないのだ。そのくせ活動内容に<緊急事態における公の秩序を維持し>と入っている。解釈によっては国民に銃を向けることもできるのに、詳細は法律に丸投げかい。いくらなんでも無責任だろう。


③欺瞞だらけの一二条・二〇条・二四条

「国民の権利及び義務」を定めた第三章(一〇~四〇条)も、こまごま改変されている。「自由・権利の保持の責任とその濫用の禁止」を定めた一二条は「国民の責務」に変わり、<公共の福祉のために>が<公益及び公の秩序に反しないように>に変わるなど、国民を管理するような方向に向いている。生徒手帳じゃないんだからさ。

その一方で、政教分離を定めた二〇条は<社会的儀礼又は習俗的行為の範囲>なら国も宗教活動ができるようになり、また「家族生活における個人の尊厳と両性の平等」を定めた二四条は「婚姻及び家族に関する基本原則」に変わった。前回「二四条が危ない」と書いたのはこのことで(242ページ参照)、「両性の平等」は、あれあれ、どこに消えたの?


あとひとつつけ加えると、改憲の要件を定めた九六条にも手が入った。【現】では、<各議院の総議員の三分の二以上の賛成>が必要だが、【新】ではこれが<過半数>。【新】の目玉はこれだったのかもしれない。あとあと条文をいじりやすくしておくと。

いまいち盛り上がらない改憲論議だけれども、盛り上げる方法を、たったいま、ひとつ考えついた。衆院の解散や新年度予算にジャーナリズムは「○○解散」「○○予算」のようなニックネームをつけるでしょ。あれを今度も募集するのだ。評価する人はする人でステキな呼び名をつけたらいい。ちなみに私の案は、その場しのぎの「コソク憲法」。国民の権利はこまごまと制限し、国家の権利はこそこそと拡大し、肝心なところは法律にお任せし、自分(憲法)自身は責任をとらない。これをコソクといわずして。

                      ------------ニ〇〇六年一月二二日号





スポンサーサイト
  1. 2007/05/20(日) 17:34:00|
  2. 政治
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:4
<<教育を第一目標に掲げる(?)安倍首相 | ホーム | 五月の白い花(2)&お気に入りの写真ブログ紹介♪>>

コメント

おひさしぶりです、ともちんです♪

うお~~~!!!!またもや難解な記事が。。。。。。

それではこれからうちに帰りながら
熟読して、携帯よりあらためてコメントしま~~す^m^♪
  1. 2007/05/22(火) 01:00:29 |
  2. URL |
  3. ともちん #-
  4. [ 編集 ]

ともちんさんへ

おひさ~~~♪♪

やっぱり難解でしたか・・・
ゴメンナサイm(_ _)m
最近記事を書くときは、「政治に興味を持ち始めた頃の私が読んだとしても、わかりやすいような記事にしよう」と、こころがけているのですが、なかなかです。

はぴねすが妄想するに、
こんな「新憲法草案」を引っさげて、参院選を戦おうとする安倍首相は、きっとなにか良からぬことを企んでいます。

国民はどうせ読まないだろう・・・とか
どうせ読んでも、今の憲法との違いなんてわからないだろう・・・とか

そうしておいて、無事参院選に勝ったなら、
「国民の皆さんに、この草案が支持されました!」って言うつもりだろう・・・とか

最近ちょっと、小泉氏の「郵政」解散・総選挙の時の
(だましも含む)テクニックの巧みさについて書いた文章を読んだもので、政治家に対してすごく疑い深くなっている、はぴねすなのでした。
  1. 2007/05/22(火) 08:06:28 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

初めまして

>政治家に対してすごく疑い深くなっている・・
全くですよね、マトモナ奴はおらんかい?です。
私の怒りをTBさせて頂きました。
これからもよろしくお願いします^^
  1. 2007/05/24(木) 12:00:53 |
  2. URL |
  3. una #-
  4. [ 編集 ]

unaさんへ

はじめまして。
コメント、TBありがとうございました。
そちらに伺って記事をあちこち読ませていただきました。
ときどき立ち寄らせていただきますね。
これからもどうぞよろしくお願いします^^
  1. 2007/05/24(木) 15:15:52 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meadowsage.blog78.fc2.com/tb.php/148-53c79be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上原公子・前国立市長が出馬へ + 与党もシンポジウム

■ビビビッ♪ / 7月参院選・立候補◆asahi.com 2007年05月17日参院選に上原公子・前国立市長が出馬へ 社民党公認で 住民基本台帳ネットワークからの離脱などで注目を集めた前東京都国立市長の上原公子氏(58)が、夏の参
  1. 2007/05/20(日) 19:40:01 |
  2. わんばらんす

比例も選挙区も非与党! 参院選・最低ルール^^ 【選挙に行こう】

参院選まで「読む前に押す?」継続中! 「OK~!」って感じでクリックお願いします人気ブログランキング  ※より多くの人に伝えるために・・・人生には決断しなくてはならない時が何度かある。 元々、そんなに
  1. 2007/05/20(日) 19:44:21 |
  2. らんきーブログ

上原ひろ子・平和への政治信条 VS 安倍内閣・戦争できる悪法ラッシュ

戦争で得たものは憲法だけだ―憲法行脚の思想  我、自衛隊を愛す故に、憲法9条を守る―防衛省元幹部3人の志 この本についての考察・・・◆日刊ベリタ 2007年03月20日掲載『我、自衛隊を愛す 故に、憲法9条を守る
  1. 2007/05/20(日) 21:03:58 |
  2. わんばらんす

プロフィール

はぴねす

Author:はぴねす
& ナナ(2009年8月16日生まれ) 2歳で慢性腎不全に。療法食と皮下輸液で元気に過ごしています♪                 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ご訪問ありがとう♪♪

今、救える命がある

東北地震犬猫レスキュー.com

犬・猫 里親探し掲示板へ

いつでも里親募集中

あなたの1票を守るために

電子投票

雑談日記のSOBAさんからお借りしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

pictlayer

ブログ内検索

相互リンク&お気に入り

このブログをリンクに追加する

RSSフィード