わたしの心のものさしで

愛猫ナナに首ったけ♪~7歳のナナに振り回される楽しい毎日です♪♪その他、身辺雑記、季節のお花の写真なんかも~♪

私の祖父と安倍晋三氏

以前の記事<コチラ>の追記として、私の父方の祖父のことをちらっと書きましたが。

まあ・・・はぴねすが思うに、自分の考えが正しいと、疑うこともなく信じている人、結構いますね。
そういうモノサシを振り回されると、傍で関わる者には、かなり迷惑です。
とりわけ、そういう人が、「上」にいると、被害甚大です。


私の祖父のエピソードを少し。

その1)私がとても小さかったころ、祖父から母に手紙が来たそうです。その中に・・・
「はぴねすには牛乳を飲ませることはない。子供の代わりはまたできる。牛乳はT(私の父)に飲ませなさい。Tの代わりはおらんのだから。」
はぁ~~~???

まあ、こういうわけのわからない小言が、手紙でしょっちゅうきていたそうです。

その2)私の近視が進んで、メガネを作ろうかという話になったとき。また、母に手紙が来ました。
「女がメガネなどかけるもんじゃない。コンタクトにさせなさい。」
はぁ~・・・・・

同居してなかったから、笑い話みたいにして書けるんですが・・・


こういう人、あなたのまわりにいませんか?

こういう人が「上」にいると困りますよね。

「親」だったり、「先生」だったり。「上司」だったり、「社長」だったり。

「親」とか「先生」には、まだ意見を言うこともできるかな。

でも、「上司」とか「社長」には・・・

「長い物には巻かれよ」で、黙って言われたとおりにすることが多いかな。


さて、ではいよいよ本題。


こういう人がもし、国のいちばん「上」にいたらどうする?

自分が正しいと信じて疑わない、国のトップ・・・



あなたなら・・・どうする?


今日のおすすめ記事は<コチラ>。

日本がアブナイ!mewさんの過去記事です。

上の問いに対する「mewさんの思い」は、最後のほうに少し書いてあるよ♪



あなたの答えも、考えてみてね♪♪






lovep1








スポンサーサイト
  1. 2007/06/21(木) 16:57:32|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<六月に咲く花(2) : ノウゼンカズラ | ホーム | お知らせ : コメントなどの削除について>>

コメント

独断と偏見

こんにちは、本日アップのお花のコントラストが素敵ですね。
お母様、ご苦労なさったんですね。
お祖父さまは、まるで男の母親版ですね^^;
嫌味な手紙を書く事に、生きがいを感じていたのでしょうが、
付き合わされるほうは、たまったものではありません。

姑は、ほとんどこのような”息子溺愛”タイプが多いのですが、
舅でも、溺愛型がいるんですね~
別居されていて、良かったですね!
同居でしたら、寿命縮まりますよね@@;
  1. 2007/06/22(金) 10:21:42 |
  2. URL |
  3. una #-
  4. [ 編集 ]

unaさんへ

祖父は、それはそれは大変な人でしたから・・・
母は、「手紙攻撃」に悩まされていたようです。
一度だけ、手紙の実物を見せてもらいましたが、
「まあ、よく次から次からこまごまと書けるものだ」と。

よくよく思い出してみると
父は小さい頃から、仕事についてからしばらくも、
体が丈夫でなかったそうなので・・・

息子溺愛じいちゃんとしては、
「孫なんかどうなってもええから
牛乳はワシの大事な息子に飲ませい!」
というのもわからないではない、か・・・

お姑さんなら、よくある話だったのですね。
ひとつ賢くなりました。
  1. 2007/06/22(金) 11:21:04 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

はぴねすさんのお祖父様に関しては、少しもはぴねすさんに愛情がなかった訳では無いでしょうね。ただどうしても自分の子供が弱かったりしたら、親として負い目を感じてしまったりしますよね。 親子愛も、どの位一緒に居たかで、家族愛が育まれるのでしょうし、長年育てた子供と離れて暮らして居る小さい孫とでは心配の度合いが変わって来るのかも知れません。メガネの件等も心配してくれるのは肉親なりの愛と感じれば感謝も生まれるでしょうし。
しかし、安倍さんに関しては全然違います!安倍さんは、世襲議員で、小さい時から戦犯でもあった岸のじいさまから、「何も理解出来ない国民を統率して大日本帝国の再興を成し遂げるのだ~」と言われ続けて育ってます。其れが彼の生きる道なのでしょう。外交ではアメリカの子分を気取り、アジアや国内には大日本帝国の再興を自負したいのです。その事で、国民が戦死しようが、経済没落して餓死者が出ようが全然平気なのです。国体を大日本帝国にすればよいのですから、アメリカには首根っこ押さえつけられてても、苦しい息の下から無理して気付かないふりをしながらでも。
  1. 2007/06/22(金) 17:12:09 |
  2. URL |
  3. ke-ta #8bB0t8uA
  4. [ 編集 ]

ke-ta さんへ

またまた私の言葉足らず&出した例のマズさで、私の「安倍晋三」観がうまく伝わらなかったようです。
今日(or明日)の記事でも、補足をしようかなと思っています。

言葉足らずだったいちばんの点は、(これは思いっきり安倍氏に甘い見方かもしれないけど)、彼は本心から「国民のため」と思っていろんなことをやってくれちゃってるのかも・・・ってこと。

親が、「わが子のために」と思って言い聞かせること。
上司が、「このやり方がいちばんいいのだから」と思って部下に命じること。
それが「独善」「ひとりよがり」であることはよくあることだと思います。

独善的な人は、「あなたのため」と言いながら、相手に自分の考えを押し付け、それが本当に相手のためになると信じて疑わない。

ひょっとして安倍氏ってそういう人なのかも?「悪気」はないのかも?
でもそうだとしたら国のトップとして余計に手に負えない。

「国民」のことを考えないのではなく、「ボクが夢見る美しい国をつくって、ちゃんと下々(しもじも)を導いてやろう」なんてひょっとして考えているとしたら・・・?

母方のおじいちゃま岸信介元首相を心から尊敬している、という安倍氏のことだから、可能性はなきにしもあらず・・・
三代も続いた政治家一家に育てば、「国民」のことを「自分が善く導いてやる下々」くらいにしか思えなくなるかも・・・

mewさんが、こう書かれてますね。

彼の場合、「まずは国家ありき」と考えているように見えるのだ。「国民がどういう国家を望んでいるのか」という発想がはほとんどないかのようにさえ感じられる部分がある。
 
 ボクの理想とする「美しい国」ができれば、「将来に希望が持てる国」になって、きっと国民のみんなも幸せを感じて喜んでくれるはずだ・・・という気持ちがどこかにあるのかも知れない。


私にも、そんな風に感じられる部分がありましたので、mewさんの思いに共感して記事を紹介し、自分でも書いてみた、というところでしょうか。

ですので、今日の記事も、このコメントも、
「はぴねすが(ひょっとしたらこうかもしれないと)考える安倍晋三氏観」
くらいにご理解いただければありがたいです。
  1. 2007/06/22(金) 18:25:10 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

考えは一緒です。

私の方が、言葉足らずだったですね、ってゆうか、「全然違います」なんて強い否定語使ったから、誤解させてしまいましたでしょうか。
でも内容は一緒ですよ。ただ会社の上司や家族とは一緒に論じられないなぁと思ってしまいます。安倍氏が手段を選ばずにやろうとしている事は、日本国の将来と国民の命がかかってるとの思いがどうしても頭をもたげてしまいました。
はぴねすさんの考えと、newさんの考えは私も全く同感です。考えは一緒だと思います。
  1. 2007/06/22(金) 22:09:11 |
  2. URL |
  3. ke-ta #-
  4. [ 編集 ]

ke-ta さんへ

書きたい主題(安倍氏をどうしたらいいか?→参院選で引きずりおろそう)の前に、身近なたとえ話が多すぎたり、はっきり私の答えを書かなかったりで、かえって誤解を生んでしまったと思っています。

私の思いは、mewさんが最後に書かれていることと同じです。

私たちは早くこの国を、国民の手に取り戻さなければと思う。いつまでも、お坊ちゃま&その仲間たちの手の下において、ボクたちの理想とする国作りごっこの箱庭にはしておけない。
 私たちは、この国で生きているのだから。ひとりひとりが、実際に生活をしているのだから。そして何より、日本は国民主権の国であり、この国家は国民のもの、国民が作って行くものなのだから。

「お坊ちゃまたちの思うとおりには、きっとさせまい」と強く思う私なのであった。


読者の方にこれを読んでもらって、「今度の参院選では安倍政権にNO!」という答えを、読者の方がご自分で出してもらえるといいな~という、ちょっと弱気な記事でした^^
  1. 2007/06/22(金) 23:22:57 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meadowsage.blog78.fc2.com/tb.php/182-3d85cf9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はぴねす

Author:はぴねす
& ナナ(2009年8月16日生まれ) 2歳で慢性腎不全に。療法食と皮下輸液で元気に過ごしています♪                 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ご訪問ありがとう♪♪

今、救える命がある

東北地震犬猫レスキュー.com

犬・猫 里親探し掲示板へ

いつでも里親募集中

あなたの1票を守るために

電子投票

雑談日記のSOBAさんからお借りしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

pictlayer

ブログ内検索

相互リンク&お気に入り

このブログをリンクに追加する

RSSフィード