わたしの心のものさしで

愛猫ナナに首ったけ♪~8歳のナナに振り回される楽しい毎日です♪♪その他、身辺雑記、季節のお花の写真なんかも~♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生活保護費引き下げ方針~厚労省~(2)続報

前記事<コチラ>の続報です。

政府・与党は、厚労省が検討していた生活保護引き下げを、見送る方針を固めたそうです!
世論の強い反発に配慮した、とのことで、とりあえずこの件についてはよかったです。
政府・与党がどうやって世論を見極めているのかわからないけれど、世論の強い反発はすでに届いていたのですね。

*****

政府・与党、生活保護基準下げ見送りへ…世論反発に配慮  

政府・与党は10日、2008年度予算で、厚生労働省が検討していた生活保護の最も基本的な給付である生活扶助基準の引き下げを見送る方針を固めた。「弱者切り捨てだ」などの世論の強い反発に配慮した。
 
生活扶助基準については、「経済財政運営と構造改革に関する基本方針(骨太の方針)2006」で、見直しが明記され、厚労省の有識者会議「生活扶助基準に関する検討会」で水準について検討していた。
 
全国消費実態調査などのデータを基に比較を行い、生活扶助を受けている世帯の方が受けていない低所得世帯よりも生活費の支出が「高め」であるとする報告書をまとめた。これを受けて、舛添厚生労働相は記者会見で「基準を若干引き下げる方向の数字が出る」と明言していた。

 これに対して、与党内からは「検討会が緻密(ちみつ)な比較を行ったことは意義深いが、基準を見直すほどの違いがあったとは思えない」(幹部)などの意見が出ていた。また、民主党などが引き下げを強く批判しており、「引き下げは最悪のタイミングだ」(自民党中堅)として、見送りを固めた。


(後略)

(2007年12月10日13時20分 読売新聞)

*****

とりあえず、この件はよかったけれど、問題はなお残ります。
厚労省の検討会で明らかになった、生活保護の「生活扶助」以下の出費で生活しているワーキングプアの人たちの存在。

自民党は「都市と地方の格差」解消に向けての取り組みをアピールしているみたい。
それもいいけど、自民党に限らず、ワーキングプアの切実な問題にも、前向きに取り組んでもらいたいと思います。






スポンサーサイト
  1. 2007/12/12(水) 23:54:57|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<16日夜:NHK「ワーキングプアⅢ」見てね! | ホーム | 生活保護費引き下げの方針~厚労省~>>

コメント

やっぱり大切なことは声を上げなきゃダメだってことですよね(^^)

投票率見たら分かりますが、世の中、変に冷めた人が多いですが、やっぱり声を上げて、国民はみんな見てるぞ!ってアピールしないと世の中、官僚や政治家の都合のいい事ばかりになってしまいますよね。

無駄なものや自分達の裏金作りばっかりにお金を使って、必要な所でも自分達に関係のないところは切り捨てていく!

800兆を超える国や地方自治体の借金は、そうやって出来たんだと思います。

私の知り合いには政治家が何人もいますが、直接会って話をしている分には凄く素晴らしい人たちばっかりなのに、なんで全体で見るとこんなことになっちゃっうんでしょう?
不思議です。。。(汗
 
  1. 2007/12/13(木) 14:34:52 |
  2. URL |
  3. watanabe #z1uogJ6Q
  4. [ 編集 ]

watanabeさんへ

>やっぱり大切なことは声を上げなきゃダメだってことですよね(^^)

>投票率見たら分かりますが、世の中、変に冷めた人が多いですが、やっぱり声を上げて、国民はみんな見てるぞ!ってアピールしないと世の中、官僚や政治家の都合のいい事ばかりになってしまいますよね。

そうですよね(^-^)
投票も、とっても大切。
みんな、よ~く考えて投票しなくちゃ!!

投票という手段を使えないときでも、
「おかしいと思ったら声を上げる」ことは、
少なくとも世論を動かす力にはなると信じます。

そうやって、より多くの人が、自分のできる範囲で
政治について考え、行動していけたら、と思います。

追記)
・・・と、ひと安心モードでいたら、どうもそうとはいえない様子。
生活扶助の一括引き下げこそ見送りになったものの、厚労省はどうも別の手を使ってよからぬ工作をしている様子。

勉強不足にて・・・とりあえず今夜はネット新聞の記事のみ貼っておきますね。
http://www.asahi.com/life/update/1212/TKY200712120468.html

*****

生活保護、都市部減額し地方増額 一律引き下げは見送り

2007年12月13日08時01分 asahi.com
 
生活保護の支給基準の見直しを検討している厚生労働省は12日、保護世帯の食費や光熱費などにあてる日常生活費(生活扶助)について、08年度から都市部の基準額を引き下げる一方、比較的低い地方はかさ上げする方針を固めた。現行基準の地域間の支給格差は、実際にかかる生活費の差よりも大きすぎると判断した。生活扶助の予算額(国と地方で07年度約8400億円)は維持したうえで、配分を変え、格差是正を図る。

生活保護基準については、厚労省の検討会が先月末、低所得者の生活費よりも現行の支給基準は高いとする報告書をまとめたことを受け、舛添厚労相は引き下げの検討を表明していた。だが、与党内から「弱者切り捨てと批判をされかねない」などと慎重論が広がったため、来年度からの一律の引き下げは見送る。

生活保護の中心となる生活扶助は現在、物価の違いなどを反映させ、全国を市町村ごとに6段階に分けて設定。最も高い東京23区や大阪市といった大都市部(高齢夫婦世帯で月12万1940円)に比べて、最も低い地方は22.5%低くなっている。この格差を、消費実態に合わせて10%程度にまで縮小させたい考えだ。支給額が下がる地域については、段階的に数年間かけて引き下げるなどの激変緩和措置を検討する。

また、検討会の報告書で、4人以上の多人数世帯の方が単身世帯に比べ、支給額の計算上有利になっていると指摘された点についても、見直しを検討する。


*****
  1. 2007/12/13(木) 22:11:33 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meadowsage.blog78.fc2.com/tb.php/259-e04e1b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はぴねす

Author:はぴねす
& ナナ(2009年8月16日生まれ) 2歳で慢性腎不全に。療法食と皮下輸液で元気に過ごしています♪                 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ご訪問ありがとう♪♪

今、救える命がある

東北地震犬猫レスキュー.com

犬・猫 里親探し掲示板へ

いつでも里親募集中

あなたの1票を守るために

電子投票

雑談日記のSOBAさんからお借りしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

pictlayer

ブログ内検索

相互リンク&お気に入り

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。