わたしの心のものさしで

愛猫ナナに首ったけ♪~8歳のナナに振り回される楽しい毎日です♪♪その他、身辺雑記、季節のお花の写真なんかも~♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すごく稼ぐ人には、もっと所得税を払ってもらいたいな~

今年も確定申告の季節ですね~(明日が締め切りだ!)
「確定申告」と言われても、一人暮らしでお勤めをしていた頃のはぴねすには、
ぴんとこなかっただろうな。

今は、父の分の所得税の申告を、ここ4年ほど担当しているから、少しは分かる
ようになったんだ。
課税の対象になる所得が多いほど、税率が高くなる制度になってるのね~とか。
(基本の基!!お恥ずかしい^^;)

で、申告の手引きなどを読んで、どうしても納得できないのが、所得税の税率・・・
のなかでも、所得のうんと高い層が払う税率。
これが、最近までどんどん引き下げられてきたんだ。
次の表で、所得税の「最高」税率の推移(WIKIより)を見てほしい。

      課税される所得金額  税率
1974年~  8000万円~   75%
1984年~  8000万円~   70% 
1987年~  5000万円~   60%
1989年~  2000万円~   50% 
1999年~  1800万円~   37%
2007年    1800万円     40% 

(※2007年分は、申し訳程度に税率が上がってるけどね。)

たとえば、1974年を見ると、課税所得が8000万円以上の人の税率75%が
最高だった。つまり、課税所得の75%も税を納めてくれてたんだね。
だけど、2007年分(この春の申告分)だと、課税所得1800万円以上の人の
税率が最高だけど、彼らは課税所得の40%を納めるだけだ。

「40%も納めてくれれば充分」だと思うかな?
それと、なんでこんなに、高額所得者がどんどん優遇されるようになったのかなあ?
ねえ、どう思う?

はぴねすには、「なんで?」はよくわからないので書かないけれど・・・
最高税率については、75%にまで戻してとまでは言わないまでも、もう少し、
50~60%の間くらいまで、少しずつ引き上げていってくれたらいいのにな、
と思ってる。
50~60%という数字には、特に根拠はないのだけれど・・・

いっぱい稼いでる人に文句を言われたら、はぴねすは、以前本で読んだ話をして
みようかな?


ひろさちや氏の本に、こんな話が載っていた。(『人生の価値 それとも無価値』。
ひろ氏には、仏教を中心とした、宗教についての多くの著作があるよ。)

神仏は金持ちに財物を「預けて」おられる、というのが、世界中で伝統ある多くの宗教に共通する考え方だ、とひろ氏は言う。
仏教、イスラム教、ヒンドゥー教・・・などなど。

では、神仏はなぜ、人々を平等にしなかったのか?
なぜ、金持ちに財物を「預けて」おられるのか?

その答えを、少し、本から引用させてもらうね。(原文より、改行を増やしました)

*****

みんなに同じだけの金を持たせておくと、みんなのためになる仕事をしようとするとき、
また公平に金を集めなければならない。

たとえば、あの川に橋をもう一本架けようというような場合だ。

そうすると、
“わたしは、橋を渡る回数が少ないから、少ない金額でいいだろう”
“わたしは泳いで渡る。だから金を出さない”
と言う人間が出て来る。

そこで神は、大金持ちに金を預けられたのだ。
“この金を、みんなのために使ってくれよ”
と言って・・・・・・・


*****

この説明は、ひろ氏のオリジナルではなく、氏がインドのヒンドゥー教の聖職者から教わったもの。

感想はいかが?
この説明、あまり信仰心の厚くないはぴねすの心にも、すっと入ってきたのだけれど。

でもねえ・・・日本人の多くは強い信仰心をもってないというから、ダメかな?
大金持ちの人にこんな話をしてみても。
「自分が稼いだ金なんだから、自分のものだ!これ以上高い税金を払うのはかなわん!」とか言われそう・・・


ならば、呼びかける相手を変えてみよう。

ウチも含め、低い所得税率の・・・つまり、楽でないor 苦しい暮らしをしてる皆さん、
お金持ちにはもっと高い税率で払ってほしいと思いませんか?

消費税をそのうち上げなくちゃ、とかいう声がちらほら聞こえてきますけど、
消費税は所得の低いものにとって負担の重い税です。

そんな消費税をさらに高くして、低所得者を苦しめるというなら、その前に、
高額所得者の所得税率をアップしてもらわないと、はぴねすは納得できません!!

皆さん、自分たちの払う税金にため息をついてばかりはいられません!!
一揆を起こして、
お金持ちの所得税率UPを求めましょう!!! 

(なんちゃって^^;)





スポンサーサイト
  1. 2008/03/16(日) 12:20:32|
  2. 政治
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:8
<<ただいまハスキーボイスです♪ | ホーム | ケータイ、替えちゃいました♪>>

コメント

そうだそうだ!

はぴねすさん、こんにちは。

私、実は年間課税所得が1億円ほどあるんですけど、もっと所得税を納めて人の役に立ちたいんですよ。

...なんて一度は言ってみたいですね。爆

話をまじめに戻すと、「金持ちから税金を多く取ると勤労意欲がなくなる」なんて言うけど、その程度でなくなる程度の勤労意欲なら、「自分さえよければいい」という程度のエゴイズムではないかと思うのです。はぴねすさんのおっしゃるとおり、税金の応能負担原則をもっと徹底させることこそ大切です。
  1. 2008/03/16(日) 13:15:06 |
  2. URL |
  3. 村野瀬玲奈 #6fyJxoAE
  4. [ 編集 ]

村野瀬玲奈さんへ

どなたか、学者さん(どなただったか忘れてしまった^^;)が著書の中で、
「研究してみたが、日本人は、高額所得者の所得税率を上げたからと言って、勤労意欲をなくすようなことはない。」
というような趣旨のことを書いておられました。

う~ん・・・どういう研究をされたのか書いてなかったし・・・・・私自身、1億円の課税所得(笑)の経験がないので、どういう気持ちになるものやら見当もつかないんだけれど・・・

ただ、「みんなが使う橋」を架けるためのお金(税金)を払うときに、「自分の払う額」だけ気にしてればいいのかな?
「お金持ちの払う額」も、自分のおサイフには関係ないけど、ちゃんと監視していなくちゃいけないんじゃないのかな?
・・・そんな気持ちで記事にしてみました。

*****

実は、確定申告4回目にして初めて今年、国税庁のHPの「確定申告書等作成コーナー」を利用してみました。(e-Tax は当然パス・・・ですが。)
便利ですね~。必要事項を次々と打ち込んでゆくだけで、1時間ちょっとで申告書完成!!

でもね、それだけだと、去年と税制がどう変わったとか、今年は税率がどうなってるとか、何にも考えずにすむ。それで、本当に大丈夫?
もちろん、そういうことは、興味を持ちさえすれば、国税庁のHPほかのネット情報で調べることはできるんだけど・・・

中国新聞3月9日付によると「オンラインによる申告の利用率を、2010年度末で50%に引き上げるのが、国の目標」だそうです。
むむう・・・ひょっとしたら、庶民が税率について知り、考えるのを阻止するねらいもあるのではないか?・・・などと、妄想を抱いている、はぴねすなのでしたv-12
  1. 2008/03/16(日) 17:49:53 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

大企業の税負担アップも。

こんにちは。
TBありがとうございました。

おっしゃるとおりですね。
以前にくらべるとお金持ちの方の税負担率は下がっていますからね。
税率を少しは上げてもよいでしょう。
それと、いますぐにでもやってほしいのは、大企業の税負担アップです。これもこの間、法人税が減税されてきたところですから。
では、また。
  1. 2008/03/16(日) 18:22:31 |
  2. URL |
  3. これお・ぷてら #-
  4. [ 編集 ]

これお・ぷてらさんへ

TB、コメントありがとうございます。

わたしたち庶民の関心は、お金持ちの税率にまでなかなか向きません。
ましてや、大企業の税負担までには。
(後者には、はぴねす、まったく不案内にて、また改めて勉強いたします!)

大資産家の税も、大企業の税も、自分のおサイフに関係ないからと言ってスルーするのでなく、みんながよりよい生活を送るために、ちゃんと知って、考えていきたいものだと思いますv-22
  1. 2008/03/16(日) 20:03:23 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

私は高額所得者ではないけれど、高額所得者の税率をもっと上げようというのは賛成できませんね(^^;

もともと、これまで最高税率がどんどん引き下げられてきた理由が、高額所得者の税率が諸外国に比べて極端に高かったということと、そのことで努力してもしなくても結局そう変わらない日本のほとんど社会主義的システムのおかげで、日本の競争力が失われてきたからだということを考えれば、単純に高額所得者を羨むような見方をしない方がいいと思うからです

結果の平等よりも機会の平等こそが自由主義社会の理念だと思うのですが・・・
 
  1. 2008/03/16(日) 23:48:01 |
  2. URL |
  3. watanabe #z1uogJ6Q
  4. [ 編集 ]

watanabeさんへ

なぜ日本で最高税率が引き下げられたのかという背景、そして諸外国との比較。
どちらも、この問題を考える際にはちゃんと考えなければいけませんでしたね。

Wikiの「富の再分配」の「沿革」の項に次のようにありましたが、だいたいこのような理解でよいでしょうか。(これは、所得税についてのみ書かれたものではないんですが。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E3%81%AE%E5%86%8D%E5%88%86%E9%85%8D

*****

沿革

19世紀から20世紀にかけての欧米諸国では、拡大しすぎた貧富の差とそれに伴う様々な社会矛盾を解消・緩和するため政府による福祉政策の充実が進んでいった。そして20世紀中期-後期までにヨーロッパ諸国では、福祉国家の建設が目指されるようになった。こうした福祉国家政策は当時、先進諸国の国民からは大いに歓迎され、 20世紀の大衆消費社会を成立させ、いくつかの国では高度経済成長をもたらす原動力ともなった。

福祉国家体制は大きな財政負担を伴うものでもあり、1960年代から1970年代にかけて、先進各国の国家財政は次第に悪化していった。1980年代からはミルトン・フリードマンなどの主張にもとづいて、アメリカや英国を中心として福祉国家政策が見直され、経済社会における所得再分配の機能を抑制し、経済競争を重視する政策が採用されるようになった。累進課税はしだいに弱められ、人頭税の導入も企てられた。ただしアメリカ合衆国では、伝統的に所得再分配に否定的な価値観が根強く、高度な福祉国家的政策がとられたことはない。

日本でも、再分配機能の高度化による経済非効率が見られ始めたとマスコミ及び学者の間で主張されるようになり、1980年代前期には中曽根内閣による精力的な行政改革が行われたが、英国ほど徹底したものではなく、1990年代に小沢一郎らがより本質的な改革を主張するに至った。橋本行革に続き2000年代に入ると小泉内閣によって極端な再分配抑制策が継続されるようになり、階層の固定化が心配されるようになった。


*****

フリードマンというと、新自由主義を唱えた人、でしたか。こういう感じ?
http://blog.goo.ne.jp/nizan/e/e823a6d4bbf1d15597d89d51f10449a6

その中の、フリードマンのこういう言葉とか・・・

*****
「私は自由主義者として、もっぱら所得を再配分するための累進課税については、いかなる正当化も認めることは出来ない。」

「私に最良と思える個人所得税の構造は、ある免税点を越える所得にたいする均一率の課税である。」

「食品や医薬品に対する安全規制は技術進歩を遅らせることによって社会に弊害をもたらす。」

「最低賃金法が雇用を疎外している。」

*****

はぴねす的には、こういう考え方はちょっと・・・・・ですv-289

  1. 2008/03/17(月) 11:33:10 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

はぴねすさん、まったくもってその通りでございます。さすが良いエントリー書かれますね。
最近まったくおんなじ事考えたので、大納得でございました~。
  1. 2008/03/18(火) 02:15:26 |
  2. URL |
  3. ke-ta #aR5DLEYU
  4. [ 編集 ]

ke-taさんへ

同じ思いの方がいらして、心強いです~♪♪
お褒めにあずかり、はぴねすたいへん光栄です~~♪♪♪v-290
  1. 2008/03/18(火) 10:25:45 |
  2. URL |
  3. はぴねす #GkBCtZ1Y
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meadowsage.blog78.fc2.com/tb.php/276-e5d84e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山口二郎氏へ。税のあり方から今をみつめよ。

増税の口実に社会保障を支えるためにという言葉がもちいられている。それだけではなくて、福祉国家をめざすには消費税増税という選択肢以外にはないかのような言説がある。かつて消費税を導入しようとする際、直間比率を為政者は語ったものだった。しかし、その直間比率も...
  1. 2008/03/16(日) 18:16:32 |
  2. 花・髪切と思考の浮游空間

高級マグロ鮨が高濃度水銀汚染?どうなんだろ?

今日は、気になっていた大好物の記事について・・・。 またまた、遅くなりました。・・・・・・が・・・・・・(汗) よろしければ、ランキ...
  1. 2008/03/16(日) 21:00:10 |
  2. わんばらんす

税金のアンバランスな使い方に思う

指定記事2008/03/14-12:26 道路財源、支出適正化を徹底と首相=国交相「丸抱え旅行」陳謝-参院予算委  参院予算委員会は14日午前、福田康夫...
  1. 2008/03/17(月) 17:41:12 |
  2. Dendrodium

ダラカン官僚にNOを!

天木直人さんのブログに、「官僚組織に屈する政治家とメディア』という記事が出されていた。 そして終わりに書いておられた次の言葉に、色々...
  1. 2008/03/18(火) 20:34:12 |
  2. Dendrodium

プロフィール

はぴねす

Author:はぴねす
& ナナ(2009年8月16日生まれ) 2歳で慢性腎不全に。療法食と皮下輸液で元気に過ごしています♪                 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ご訪問ありがとう♪♪

今、救える命がある

東北地震犬猫レスキュー.com

犬・猫 里親探し掲示板へ

いつでも里親募集中

あなたの1票を守るために

電子投票

雑談日記のSOBAさんからお借りしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

pictlayer

ブログ内検索

相互リンク&お気に入り

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。