わたしの心のものさしで

愛猫ナナに首ったけ♪~8歳のナナに振り回される楽しい毎日です♪♪その他、身辺雑記、季節のお花の写真なんかも~♪

05年体制

先日書いた、日本史が大好きな友人がすすめてくれた立花隆さんの本は、私には難しくて読むのを諦めました。
上・下巻あって、小さな活字がぎっちり詰まった、分厚い本です。
『天皇と東大 大日本帝国の生と死』(文芸春秋社)という本でした。

読破はできなかったのだけれど、はしがきのところに「むむっ!」と思うことが書いてありました。
少し長くなりますが、転載させていただきます。

歴史には終りというものがない。戦争の時代が終ってからの後期現代史だけで、すでに六十年を経過して、時代はもう一度大きな歴史的転換点をまがりつつあるように見える。

日本の政治は、0五年総選挙における小泉自民党の大勝利をうけて、五十五年体制から0五年体制への大転換をとげたようである。まだ0五年体制が歴史に対してどのような意味をもつようになるかは見えてこない。しかし、歴史をふりかえると、日本は大きな曲り角をまわるたびに、大きな過誤を犯してきた。客観情勢の判断ミスあるいは行動のオプションの選択ミスである。
 
曲り角におけるちょっとした判断ミスあるいは選択ミスが、のちのち、取り返しのつかないほど大きなミスとなって自分にハネかえってくるということが歴史にはよくある(個人史においても、国家の歴史においても)。そのような悲劇的事態が二度と起きないようにするためにできることといえば、歴史を学ぶことくらいだろう。
 
おそらく、日本人はいまこそ近現代史を学び直すべきときなのである。日本の教育制度の驚くべき欠陥のために、現代日本人の大半が、近現代史を知らないままに育ってきてしまっている。


・・・ところではて、「55年体制」ってなんだったかな?

ウィキペディアによれば、

55年体制(ごじゅうごねんたいせい)とは、1955年に成立した体制で、日本において与党の自由民主党と野党の日本社会党が二大政党として君臨し、政治を行っていた体制。一般的に1993年まで続いたとされる。

・・・と、ちょっと勉強したところで本題に戻って、

なぜ私が立花さんの文章を読んで「むむっ!」と思ったのかということ。

立花さんの目には、日本の政治が、05年総選挙における小泉自民党の大勝利をうけて、「55年体制から05年体制への大転換をとげた」ように映ってたんだ!

そんな見方、したこともなかったな。

立花さんが「05年体制」と呼んでいるのは、「自民・公明VS民主・社民・
共産・国民新」体制ってことかな?
自・公の与党が05年の総選挙で圧倒的多数を占めたことから、いまのところこの与党が優勢になってる。

2005年の小泉自民党の圧勝には、まだノンポリだった私もなんとなく危ういものを感じてはいた。

小泉自民党から安倍自民党に替わり、国会では数に物を言わせて、やりたい放題・・・
(・・・とまでいうと言いすぎだろうか?)

最近いくつかブログを読むようになって、「自民・公明」与党っていうのもなんだかなあ、と思うようにもなった。
与党を維持するために、宗教団体を支持母体とする公明党とくっついてる自民党って、なんだか・・・

こんな体制が、後々「05年体制」と呼ばれるように長続きしてしまっていいのだろうか?

私は、歴史上にこんな「05年体制」なんて残ってほしくない!!!

今度の参院選で自・公が負ければ、流れが変わってなんとかならないか?

せめて私の1票だけは有効に使いたい。

それから、できたらもっと易しい本で、近現代史を学びたいな。


追記)
ふと気になって「05年体制」を Google で検索してみたら、記事があることあること。本まで出てる。

「05年体制」ってのは常識だったの?・・・
ああ、また恥ずかしい記事を書いてしまった(笑)













スポンサーサイト
  1. 2007/03/07(水) 08:42:13|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<確定申告 | ホーム | 脈拍数>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meadowsage.blog78.fc2.com/tb.php/97-6e1f8f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

はぴねす

Author:はぴねす
& ナナ(2009年8月16日生まれ) 2歳で慢性腎不全に。療法食と皮下輸液で元気に過ごしています♪                 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ご訪問ありがとう♪♪

今、救える命がある

東北地震犬猫レスキュー.com

犬・猫 里親探し掲示板へ

いつでも里親募集中

あなたの1票を守るために

電子投票

雑談日記のSOBAさんからお借りしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

pictlayer

ブログ内検索

相互リンク&お気に入り

このブログをリンクに追加する

RSSフィード