わたしの心のものさしで

愛猫ナナに首ったけ♪~7歳のナナに振り回される楽しい毎日です♪♪その他、身辺雑記、季節のお花の写真なんかも~♪

小さなさかなの一匹としてできること

私がもし、何百匹、何千匹という、小さな魚の群の中の一匹で、
もし、私の群が大問題に直面していたら、何ができるだろう?
・・・と、これは、絵本のお話から思うことなのですが。

レオ=レオニさんの絵本『スイミー』。

お話をはしょって、いきなり途中から始めると・・・

***********************************

広い海の中、岩陰に、小さな赤い魚がたくさん、身を潜めています。
なぜかっていうと、岩陰から出ると、大きな魚に食べられてしまうから。

そこへ、同じ小さな、泳ぐのが速い、黒い魚、スイミーがやってきます。
「出てこいよ。みんなで遊ぼう。面白いものがいっぱいだよ!」
でも、赤い魚たちは、こわくて出て行けません。

このあと、お話は当然、スイミーを中心に展開します。
<実は、スイミー自身、小さな赤いきょうだいたちみんなを、大きな魚に呑み込まれた過去を持っていました。>

「いつまでも、そこにじっとしてるわけにはいかないよ。なんとか考えなくっちゃ。」
スイミーは考えます。いろいろと考えます。うんと考えます。
それから、突然叫びます。「そうだ!」
「みんな、いっしょに泳ぐんだ。海でいちばん大きな魚のふりして!」

スイミーは教えます。
「けっしてはなればなれにならないこと。みんな、持ち場をまもること。」

みんなが一匹の大きな魚みたいに泳げるようになった時、スイミーは言います。
「僕が、目になろう。」

***********************************

最初にこの絵本を読んだ時、恥ずかしながら、「みんな、持ち場を守ること。」のところで、「じ~ん」ときてしまったのでした。
ちょうど、教育基本法改悪をとめよう、という、ある運動団体のビラをまいたりしてた頃でした。

教育基本法を「改正」する必要などない、と私は思っていました。
ただ、「改正」案の問題点は、っていうと、いろんな人がいろんなことを書いてらして、理解はできるんだけど、いまひとつ、すとんと心に落ちないし、考えがまとまりません。

そのうち、「改正」案の問題点について、勉強するのをやめてしまいました。
「私は考えなくていい。私は、小さなさかなの一匹でいい。言われるままに動けば。
ビラをまいたり、ファックスを送ったり。それが、私の持ち場を守ること。」

運動に参加したことを、後悔してるわけじゃないんです。
あの時は、「今やらなければ、きっと悔いを残す」と思ってやっていましたから。

ただ、思うんです。
絵本では、賢いスイミーが主人公だから、彼がひとりで考えて、みんなを指揮して、みんなの目になって、ハッピーエンド。

でも、今度また、現実の場面で、私自身が、たくさんの小さな赤い魚の一匹になったら、
今度はどうしよう?

今度は、まず私自身で、目の前の問題について考えることから始めたい。
それから、まわりの魚たちにも、少しずつ「考えようよ」って呼びかける。
それから、どう行動してゆけばよいか、ともに考えて、実行してゆく。
スイミーが教えたような「一斉行動」に、必ずしもならなくてもいい・・・

現実のお話は、絵本のようにきれいにまとまりそうにないけれど、それでいい。
今度、なにか目の前の問題に対して立ち向かう時には、少なくとも
「ちゃんと自分で考えて」行動する一匹、いえ一人でありたいなと思っています。




  1. 2006/12/25(月) 04:59:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

政治ブログを読むときは

前の記事(「改正教育基本法成立に抗して」)で、ひとつ、よく知らずにとても無責任なことを書いてしまったことに気付いたので、追加訂正です。

何か始めてみませんか、っていうところで、
「たとえば政治ブログを読んでみるとか」
なんて書いてしまいました。
でも、そのとき気をつけなくちゃいけない、基本的なことがある。
それを今日、あるブログを読んでいて、気付かされました。

「らんきーブログ」の18日の記事『政治ブログランキング』です。[こちら]

以下は、政治ブログのランキングについて書かれたところ。

政治に詳しい方はいい。自分はぶれない考えがあるだろうから。
しかしネット無党派、あるいはネット無関心派あるいはこの頃政治に興味が湧いてきたような方々にとっては「ランキング」は大いなる目安にはなるのである。
先ほどの人気ランキングでは上位はほとんど「右系」なのである。
政治に詳しく無い人が見れば。それが世の中の主流だと思うこともあるだろう。


「ブログのランキングだけ見て、それが世の中の主流と思わないくださいね。」
これが、この前の私の記事への、追加訂正です。

ほかにも、書き手、ぶいっちゃんの書いてらっしゃることには、いろいろ考えさせられました。

特に、次の部分。

いい記事だ と思われた時は是非応援クリックして欲しいし、多くの人に読んで欲しいと思われるブログがあったら読者の方も面倒でしょうがランキングボタン押してあげたらいいと思うのです。そのクリックする事も立派な「情報伝播」という行動に値すると思います。
世間は何によって動かされているのか?理想や綺麗事や自分の主義主張は置いといてでも、まずそこから考えて行動していかないとなかなか勝てるものではありません。


「よい記事だ」「よいブログだ」と思ったら、その記事やブログを「多くの人に読んでもらうために」クリックすること。
それは、今日からでも自分にできる「行動」なんだ!
・・・・この前、「何か」始めませんか、と書きながら、その何かが自分にもよくわからなくて、もどかしく思っていた私への、これはひとつの答えでした。



  1. 2006/12/20(水) 18:14:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10

改正教育基本法の成立に抗して

改正教育基本法が成立してしまいました・・・

この報道に接して、日本の進む方向がこのままじゃいけない(かも)と思われた方、
今、ご自分にできることを、何かしてみませんか?

 
<<安倍首相にとって、教育基本法を変えることは、改憲への第一歩でした。
そして首相は、自分の任期中に憲法を「改正」することを目指しています。
(自民党総裁任期は最長で2期6年です)>>

だから、憲法を変えちゃいけないと思う方、九条を守りたいと思う方。
戦争なんかに行きたくない方、大事な人を戦場に送りたくない方。
二度と日本に愚かな戦争をさせたくない方、二度と日本を戦場にしたくない方。
今から何か、してみませんか?


<<また、教育基本法が改正されてすぐ、教育現場が変わるわけではありません。
教育「制度」が、来年の通常国会以降の、関連法改正案の審議などを通じて変わってゆき、そこから初めて現場が変わり始めます。>>

だから、改正教育基本法が国民に牙をむくことのないように、これからしっかりと監視してゆきたいと思う方。
今から何か、してみませんか?


今、私には、この二つしか思い浮かばないのですが・・・
ともかく、日本がこのままの方向に進んでいくのはいやだ、と思う方、
あるいは、このままでは良くないのかもしれないと思う方、
今、これから、何かしてみませんか?


最近、ブログのお友達から、某広告代理店がこの国でどれだけ大きな力を持っているかを教えられ、かなりショックを受けています。
世論操作なんて、このプロフェッショナル集団にかかればお手の物?
[こちらのコメント部分まで読んでみてください]

でも、あきらめないで、何かを日常生活の中で始める方が少しずつでも増えたなら、
少しずつでも世論は動かないかしら?

私は、最初からあきらめるのは、いやです。

何か」始めるって何を?
それは、日常生活の中で、ほんのちょっとだけ時間を割いて、たとえば・・・
政治ブログをたまにのぞいてみるとか(某広告代理店も、ここまでは支配できない?)、
新聞の、ちょっと取っ付きにくい政治欄を、ひまな時にながめてみるとか、
そういう小さいことから始めてみるっていうのは、どうでしょうか?
そうやって、少しずつ「自分の意見」を確かにしていくことから始める。


皆さん、あまり力まず、思い思いに、何か、始めてみませんか?





  1. 2006/12/16(土) 23:29:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

A新聞からからM新聞へ

長年、新聞はA紙を読んでいました。
親がずっと読んでいたので、一度読み慣れると、なかなか変えられません。

だけど、明日から1ヶ月、試しにM紙を取ってみることにしました。

理由はいくつかありました。

第一に、私が最近興味を持ってきた、教育基本法改定についてのA紙の報道が、わたしの好みではない方に偏っているように感じられたから。
たとえば、「改悪反対」のデモは、全国各地で数千人規模で次々と行われているのに、A紙はほとんど報じようとしない。M紙はかなり報じていたようです。

第二に、A紙の顔(?)「O声O語」のある日の一節に、「はいっ?」と目を疑ったから。

>昨日、防衛庁を防衛省へ改める法案が衆院を通過した。「庁」という形は時代に合わないと言うことのようだ。

これって、皮肉をこめて書いてるの?でも、忙しい人がこの文章をさっと読めば、この法案は、ただ、「庁」が「省」って名前が代わるだけなのね、って思いかねません。
実際のところは、[こちら]。

第三に、なぜM紙に変えてみようと思ったのか。
実は、先日友人と話すまでは、A紙とM紙の傾向は似ているんだと思ってました。
だけど、友人に寄れば、ずいぶん角度が違うよ、とのこと。
社会の見方、切り取り方の違う新聞を読んでみるのも、いいかなあと思って。

今の時代、新聞だけ読んでいても社会の流れはとても追いきれないとは思います。
でも、ちょっぴり社会の見方が変わるといいなと思って、明日からM紙を読んでみま~す!
  1. 2006/12/12(火) 17:49:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『ハチドリのひとしずく----いま、私にできること』  

この本の監修は辻信一氏、発行は光文社さんです。

こんなに大胆に転載してしまっていいのかしら?と思いつつ・・・
(以下、冒頭の絵本部分の文字を全面転載:絵は本を買って眺めてね)

***********************************

この物語は、南アメリカの先住民に伝わるお話です。


森が燃えていました



森の生き物たちは
われ先にと
逃げて
いきました



でもクリキンディという名の
ハチドリだけは
いったりきたり
くちばしで水のしずくを1滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます



動物達がそれを見て
「そんなことをして
いったい何になるんだ」
といって笑います



クリキンディは
こう答えました


「私は、私にできることをしているだけ」




  1. 2006/12/10(日) 21:10:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ

プロフィール

はぴねす

Author:はぴねす
& ナナ(2009年8月16日生まれ) 2歳で慢性腎不全に。療法食と皮下輸液で元気に過ごしています♪                 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ご訪問ありがとう♪♪

今、救える命がある

東北地震犬猫レスキュー.com

犬・猫 里親探し掲示板へ

いつでも里親募集中

あなたの1票を守るために

電子投票

雑談日記のSOBAさんからお借りしています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

pictlayer

ブログ内検索

相互リンク&お気に入り

このブログをリンクに追加する

RSSフィード